【2022-2023年情報】「かぐらスキー場」の魅力を一挙紹介!雪質・広さ・標高は新潟トップクラス

2022年11月28日(月)
首都圏から新幹線でわずか2時間程度で行ける新潟県・湯沢エリアの「かぐらスキー場」。ゲレンデの広さや最高標高の高さに定評があり、雪質が良いうえに積雪量が豊富なので、ロングシーズン楽しめるのが特徴です。スキー・スノーボードをしながら湯沢の大自然を堪能できるスキー場の魅力をたっぷりとお伝えします。

「かぐらスキー場」だからこそ味わえる魅力とは?

かぐらスキー場のゲレンデ
かぐらスキー場の一番の魅力といえば、ロングシーズン営業。例年11月下旬から5月下旬までの約6ヵ月間たっぷりと雪を堪能できます。また、最高標高1,845mからの眺望も見逃せません。山頂から滑るコースは、針葉樹林に囲まれた上級者専用の林間エキスパートコースです。上級者の方は眺望と非圧雪の林間コースをぜひ満喫してください。

もちろん、上級者でなくても楽しめる魅力はたくさんあります。初めて行く人に特に注目してほしいのが雪質!転んでもあまり痛くない、ふかふかのパウダースノーなので、初心者でも思い切って練習できるでしょう。県内トップクラスを誇る雪質をぜひ体験してみてください。

3つのエリアにまたがる広大なゲレンデの特徴を見てみよう!

人のいないゲレンデ
かぐらスキー場は湯沢の中でも有数の大規模スキー場であり、かぐら・みつまた・田代と3つのエリアから構成されています。これらのエリア名は、元々あった2つのスキー場「かぐら・みつまたスキー場」と「かぐら・田代スキー場」が由来。2つのスキー場が合併しただけあって、巨大なスケールを誇るゲレンデで、ダイナミックな滑走を楽しめるでしょう。ここからは、3つのエリアそれぞれの特徴と魅力を探っていきます。

湯沢の絶景を見渡せる「かぐらエリア」

かぐらスキー場の広大なコース
かぐらエリアは3つのゲレンデの中でも一番高い位置にあるため、最高のパウダースノーを味わえる場所です。積雪量が多いため、ほかのエリアより長期営業することも多いのが特徴です。山頂付近から見渡せる絶景には心を打たれる人が多く、かぐらスキー場を訪れたら、一度は見ておきたい景色と言えるでしょう。

このエリアには全体的に中・上級者向けのコースが多いので、全くの初心者が滑るのはおすすめできません。初心者向けエリアで腕を磨いて慣れてきた人は、ぜひともチャレンジしてみてください。初心者がこのエリアで滑るなら、初級向けの「ゴンドラコース」がおすすめ。全長約4,000mのロングコースは、疾走感を味わいたい人にもぴったりです。

11月下旬〜12月下旬、4月上旬〜5月下旬にオープンするスノーパーク「Kagura Park」では、バンク・ウェーブ・ダウンチューブといった多彩なアイテムでダイナミックな滑りを体感できます。

多種多様なコースを楽しめる「みつまたエリア」

みつまたエリア
みつまたエリアの一番の特徴はコースの多様性です。それぞれ難易度の異なるバラエティ豊かなコースを攻略できるため、初・中級者に特におすすめ。第1高速リフト付近にあるスノーパーク「みつまた Area51s Park」は12月下旬から4月中旬までオープン。キッカーやジブなど、時間によって異なるアイテムを試すことが可能です。

広大なゲレンデをゆったりと滑れる「田代エリア」

かぐらスキー場を滑るスキーヤー
田代エリアは美しい景観が人気のゲレンデ。全体的に初級コースが多いため、初心者や雪に慣れていない人はここで練習をするのがおすすめです。広さが十分に確保されており、ゆっくりと滑ることができるので落ち着いて練習できるでしょう。

田代エリアと「苗場スキー場」は「苗場ドラゴンドラ」と呼ばれる日本最長のゴンドラでつながっており、共通券を持っていればそれぞれのスキー場を行き来することもできます。さまざまなコースを体験したい方には特におすすめのエリアです。

魅力的な宿が多数点在!おすすめのホテル・宿を紹介

太陽の光が差し込むゲレンデ
日本でも有数のスノーエリアである湯沢に位置しているだけあって、宿泊施設の選択肢はたくさんあります。山の麓には多数の旅館街が広がっており、リーズナブルな価格で宿泊や観光、温泉を楽しめます。スキー客がこぞって訪れる有名な宿は、二居旅館街・みつまたエリアなどにあります。近くに温泉がある宿や、温かい手料理を提供する旅館など、さまざまなタイプの宿から選べるのが魅力。今回は厳選して、スキー場からのアクセスが良い3つの宿をご紹介します。

ゲレンデからアクセス抜群「苗場プリンスホテル」

苗場プリンスホテル
リゾート気分を味わいたいなら「苗場プリンスホテル」に泊まるのがおすすめです。民宿と比べると値段は少し高くなりますが、料理や部屋のグレードは文句なしのクオリティです。田代エリアと「苗場ドラゴンドラ」で連結されているため、アクセスも抜群。ここを拠点に湯沢エリアの山々を攻略するスキーヤーも多くいます。アフタースキーは、ホテルで贅沢に食事やくつろぎの時間を過ごしましょう。ワーケーションで連泊利用するという選択肢もありです。

苗場プリンスホテル
所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三国202
苗場プリンスホテル公式サイト

過ごし方の選択肢が豊富な「かぐらホワイトホースイン」

「かぐらホワイトホースイン」は、かぐらみつまたロープウェイ乗り場から徒歩約2分の距離にある利便性抜群の宿です。本格的なリゾートインロッヂで、どこか懐かしい雰囲気が漂うアットホームな空間が広がっています。近くには温泉があり、湯沢駅周辺には食事処も充実しているので、色々な過ごし方ができます。そして、スキー・スノーボード客に何よりも嬉しいのが、宿泊者限定のかぐら・苗場スキーリフト特別割引券販売やレンタルサービス!ここでウェアや板を借りてそのままゲレンデへ直行できるので、手ぶらでスキー旅行を楽しむことができるのです。

かぐらホワイトホースイン
所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣723-1
かぐらホワイトホースイン公式サイト

ウィンタースポーツ本格派におすすめ「和田小屋」

苗場山5合目に位置する「和田小屋」は、木のぬくもりに溢れたアットホームな山小屋です。標高1,380mの地点にあるため大自然の魅力を思う存分堪能したい人におすすめです。早朝スキーを楽しんだり、ツリーランにチャレンジしたり、周辺のコースを攻略したりと、和田小屋でしか味わえない極上のアウトドア体験をすることができます。夜は暖炉を囲み、まったりと過ごすのも楽しみのひとつ。ウィンタースポーツ好きの人が多いため、山小屋に泊まれば自然と仲良くなってしまうかも。一期一会の出会いを楽しみたい人にもおすすめできる、アウトドア上級者必見の宿です。

和田小屋
所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣(かぐらスキー場内)
和田小屋公式サイト

新幹線で楽々のアクセス!

かぐらスキー場へのアクセス方法は新幹線を利用するのがおすすめです。東京駅で上越新幹線に乗車すれば、約1時間半で越後湯沢駅に到着。そこから東口の路線バス乗り場へ。20分ほどでゲレンデに到着します。慣れない雪道の運転は危険が伴うので、公共交通機関を上手に利用しましょう。

「かぐらスキー場」は長期間楽しめる大規模スノーリゾート

ゲレンデで記念撮影をする男女
広大なゲレンデに多彩なコースや設備が充実しているかぐらスキー場。一人でストイックに腕を磨くのも良いですし、家族でゆっくり雪遊びを楽しむこともできます。スキー場がひしめく新潟県湯沢エリアの中でも、雪質・広さ・標高・長期営業と、さまざまな面で完成度の高いスキー場といえるでしょう。かぐらスキー場の積雪情報やお得なリフト券情報が気になる方は、スキー場詳細情報もぜひチェックしてみてください。

「かぐらスキー場」が気になる方はこちら!

※記事内の情報は掲載当時(2022年11月28日)のものであり、また、予告なしに変更することがあります。ご旅行の前に公式サイト等でご確認ください。

関連するスキー場
11/23~5/19
コース32
リフト19
最長滑走距離6,000 m
最大斜度32 °
コース32
リフト19
最長距離6,000 m
最大32 °