湯沢エリアのおすすめスキー場7選!アクセス抜群の人気リゾート大集合

2023年12月08日(金)
東京からアクセス抜群で雪質も良い湯沢エリアは、スキーを楽しむには、これ以上ないほどの好条件が揃っています。湯沢エリアは、個性的なスキー場が数多く営業しているだけに、どのスキー場を選べばいいのか迷ってしまうはず。「近いから」「なんだか良さそうだから」という理由だけで選ぶと、100%スキーを楽しめなくなってしまうかもしれません。そこで今回は、アクセス抜群のスノーリゾート、湯沢エリアで人気のスキー場7つをピックアップしてみました。ただ紹介するだけでなく、それぞれの個性・魅力にもフォーカスしたまとめ記事になっています。スキー場選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

駅一体型のスキーセンターで快適に滑れる「GALA湯沢スキー場」

GALA湯沢のゲレンデ
東京駅から最速75分!国内で最も有名な日帰りスキー場の一つとして知られるのが「GALA湯沢スキー場」です。一番の特徴は、新幹線駅とスキーセンターが直結している利便性抜群の構造。湯沢エリアでは標高が高いゲレンデなので、雪質も良いのが魅力です。

スキーはもちろん、食事・買い物・温泉・観光すべてを一ヵ所で楽しめるとあって、手ぶらで日帰りスキーを楽しみたい初心者には特に人気!手軽さ・快適さを追い求めているスキーヤーには、とにかくおすすめのスキー場です。

「GALA湯沢スキー場」が気になる方はこちら!

60年近い歴史と伝統のゲレンデ「苗場スキー場」

苗場スキー場のゲレンデ
常に日本のスキーブームを牽引してきた「苗場スキー場」。ゲレンデの規模は湯沢エリアでもトップクラス!コースバリエーションが非常に多いのも魅力です。

もともとは宿泊型のスキーリゾートだったのですが、最近では日帰り客の誘致にも力を入れています。天下のプリンスホテルが運営していることもあり、レストラン・ホテル・温泉などの周辺設備も充実しています。新幹線よりも車でのアクセスがおすすめ。ビッグリゾートの気分を味わいたい方は、一度は行くべきスキー場でしょう。

「苗場スキー場」が気になる方はこちら!

湯沢エリア随一のパウダースノーを楽しめる「かぐらスキー場」

かぐらスキー場のゲレンデ
最高標高は脅威の1,845メートル!湯沢エリアの中でもトップクラスに標高が高いため、当然雪質もふわふわのパウダースノーです。降雪が多いので、長い時は11月~5月営業。「湯沢エリアで春スキーを楽しむならココ!」と大絶賛されています。

雪質重視でスキー場を選ぶなら「かぐらスキー場」は最高の選択になるはずです。ゴンドラが混雑しやすいという難点はありますが、晴れた日の山頂付近から見える絶景は圧巻の一言!時間がかかっても見に行く価値があるといえるでしょう。

「かぐらスキー場」が気になる方はこちら!

日帰り・宿泊どちらでも楽しめる「舞子スノーリゾート」

舞子スノーリゾートのゲレンデ
初心者・ファミリー層から特に人気が高いのが「舞子スノーリゾート」です。石打丸山インターから約1分、越後湯沢駅から無料シャトルバスで約30分と、車と新幹線どちらでアクセスしても非常に便利!平坦な山にゲレンデがあるので緩斜面のコースがメインの初心者に嬉しいスキー場です。

「日帰り・宿泊どちらも楽しめる」というコンセプト通り、スキーセンターをはじめとしたゲレンデ周辺施設はとても充実しています。周辺ホテルのクオリティーも全体的に高いため、家族でリゾートステイを楽しむにはもってこいの場所です。

「舞子スノーリゾート」が気になる方はこちら!

駅から降りたら目の前にゲレンデが広がる「湯沢中里スノーリゾート」

湯沢中里スノーリゾートのゲレンデ
「GALA湯沢スキー場」と同じく駅から降りたらすぐ目の前にゲレンデが広がっているスキー場です。最寄りの越後中里駅は新幹線駅の越後湯沢駅から約10分。時間帯によっては、首都圏から直接行ける快速特急も出ているので、アクセスは抜群。越後湯沢駅からは、ゲレンデへ最速20分で行ける無料シャトルバスも出ています。

横に長く伸びているゲレンデなので山頂直下型のロングコースはありませんが、コース全体の完成度の高さは見事です。駅から街に降りれば昔ながらの温泉街・民宿街が広がっているので、街歩きや温泉巡りをしたい方には特におすすめ!親しみ溢れる過ごしやすいスキー場です。

「湯沢中里スノーリゾート」が気になる方はこちら!

湯沢エリア最大規模の日帰り施設がある「神立スノーリゾート」

神立スノーリゾートのゲレンデ
営業時間の長さに定評がある「神立スノーリゾート」。ハイシーズンの週末はなんと午前2時まで営業しています!コースの配置は洗練されていて遊びやすいので、多彩なコースを滑ってみたいアクティブな方には特におすすめのスキー場です。

なかでも特徴的なのは、大型の日帰り施設「GROUND BASE」。無料で使える仮眠室、さらには最大400人が利用できる入浴施設も営業しているため、周辺施設の充実度は湯沢エリアでもトップクラスといえるでしょう。

「神立スノーリゾート」が気になる方はこちら!

スノーボード滑走禁止!スキーヤー専用のスキー場「NASPAスキーガーデン」

NASPAスキー場のゲレンデ
「NASPAスキーガーデン」は、国内では珍しくなったスノーボード滑走禁止のゲレンデです。コース数は少なくコンパクトなゲレンデですが、スノーボーダーがいないので初心者や子どもの練習には最適。

ゲレンデ近くにあるホテルの質も高く、家族で豪華なリゾートステイを楽しむには最高の場所になるはずです。豪華で洗練された独特の雰囲気と練習しやすいコースの数々に魅力を感じる人はぜひ訪れるべきです。

「NASPAスキーガーデン」が気になる方はこちら!

湯沢エリアには人気のスキー場が目白押し!

湯沢エリアの全景
気になるスキー場、お気に入りのスキー場はありましたか?一口に湯沢エリアといっても、スキー場によって個性や魅力は大きく異なります。それぞれの特徴をしっかりと学んで、ぜひ自分に合ったスキー場を選んでくださいね!湯沢エリアは、温泉などの施設も整っているので、アフタースキーも満足した旅行になることでしょう。

※この記事の情報(価格や時間など)は掲載当時のものであり、また、予告なしに変更することがあります。ご旅行の前に公式サイト等でご確認ください。

関連するスキー場
11/23~5/19
コース32
リフト19
最長滑走距離6,000 m
最大斜度32 °
コース32
リフト19
最長距離6,000 m
最大32 °
12/22~3/31
コース8
リフト6
最長滑走距離2,200 m
最大斜度38 °
コース8
リフト6
最長距離2,200 m
最大38 °
12/23~4/21
コース16
リフト6
最長滑走距離3,500 m
最大斜度45 °
コース16
リフト6
最長距離3,500 m
最大45 °
12/20~3/31
コース26
リフト13
最長滑走距離6,000 m
最大斜度32 °
コース26
リフト13
最長距離6,000 m
最大32 °
12/16~4/7
コース24
リフト12
最長滑走距離4,000 m
最大斜度34 °
コース24
リフト12
最長距離4,000 m
最大34 °
12/20~5/6
コース16
リフト12
最長滑走距離2,500 m
最大斜度33 °
コース16
リフト12
最長距離2,500 m
最大33 °
12/21~3/31
コース17
リフト9
最長滑走距離2,000 m
最大斜度32 °
コース17
リフト9
最長距離2,000 m
最大32 °