【長野県】初心者も極上のパウダースノーを味える!おすすめスキー場8選

2021年12月01日(水)
中部地方でも豪雪地帯として知られる長野県。標高の高い山奥に位置するスキー場では、冬はシベリアから吹く冷たい風が山を越え、乾いた雪である「パウダースノー」が楽しめます。中でも、ふかふかの雪を味わうならば、長野県北部のスキー場は要チェック!たくさんあるスキー場の中から、お気に入りの場所を探してみましょう。

名物"魔法の粉雪"を味わえる「戸隠スキー場」

戸隠スキー場
「戸隠スキー場」は標高1,748メートルの瑪瑙山(めのうやま)の北斜面に位置します。シーズン中は2メートル50センチもの積雪を観測するスキー場です。降り積もった雪は「魔法の粉雪」と呼ばれ、世界中のスキーヤーを魅了しています。

晴れた日に富士山を一望できる中級者用「メノウコース」、初心者でも1,500メートルのロングランを楽しめる「お仙水コース」など、19種類もの多彩なコースがあります。どれもふかふかの雪を味わえるコースばかり。ゲレンデ麓には、そり遊びを楽しめる「とがっきーキッズパーク」もあり、子どもから大人まで家族揃って楽しめるスキー場です。

「戸隠スキー場」が気になる方はこちら!

極上のパウダースノーを味わえるコースが豊富「竜王スキーパーク」

竜王スキーパーク
「竜王スキーパーク」は、雪質の良さで知られる人気スノーリゾートです。標高1,930メートルの山奥に位置し、シーズン中は、3メートル以上の積雪を観測します。コースの種類は、傾斜がなだらかな「スカイランドAコース」、林の間をすり抜ける「スカイランドCコース」などバリエーションが満載です。

ゲレンデ最上部に位置する「木落しコース」は特におすすめです。体が宙に浮くような浮遊感を味わえる名物コース。コース両脇に立ち並ぶ雪化粧した木々の絶景を眺めながら、非日常の時間を楽しみましょう。

「竜王スキーパーク」が気になる方はこちら!

2,500メートルのロングランから緩傾斜のコースまで多彩なレイアウト「志賀高原 奥志賀高原スキー場」

奥志賀
山岳リゾート「志賀高原 奥志賀高原スキー場」は、大小含めた14箇所のゲレンデが集まる志賀高原の中でも、もっとも標高の高い山奥に位置。コースは、ふかふかの雪が降り積もった「林間コース」、急斜面が続く「熊落としコース」など、ビギナーからエキスパートまで充実しています。

長距離を滑りたい方には、スキー場最上部の「第4ゲレンデ」をチェック。コーススタート地点から、「第3ゲレンデ」「第2エキスパートコース」「第1ゲレンデ」などの4つをつなげて滑れば、最長2,500メートルのロングランを味わえます。比較的傾斜が緩やかで、見晴らしが良く、初心者のターン練習にも最適です。

志賀高原 奥志賀高原スキー場の詳細情報はこちら

高さ2,000メートルの頂上から望む雪景色が圧巻!「志賀高原焼額山スキー場」

志賀高原焼額山
「志賀高原焼額山スキー場」がある下高井郡は、冬に3メートル近い積雪を観測する豪雪地帯。標高2,000メートルの高さに位置する「パノラマコース」は絶景を楽しめます。雪が降り積もった霧氷を眺めながらスキーを楽しめる最高のロケーションです。サラサラの雪はスキー板のエッジがきき、ターンしやすく、初心者でも楽しく滑ることができます。晴れた日に目の前に望む、雪化粧した壮大な山々の大絶景は非日常の幻想的な光景です。

雪山を散策する「スノーシューツアー」、雪上車に乗ってゲレンデを駆け抜ける「スノーモービル」など、アクティビティも満載です。

「志賀高原 焼額山スキー場」が気になる方はこちら!

雪質の違いを楽しみながら滑れる「野沢温泉スキー場」

野沢温泉スキー場
「野沢温泉スキー場」は、エリア最大規模を誇る人気スノーリゾート。ゲレンデトップから麓までの標高差が1,085メートルに達します。最上部「やまびこゲレンデDコース」から、麓に向かって、一気に滑り降りる抜群の爽快感を味わいながら、滑走を楽しみましょう。頂上付近と麓で異なる雪質の変化を楽しめます。標高差の大きい「野沢温泉スキー場」ならではの魅力です。

スキー場の周辺には、温泉巡りを楽しめる「野沢温泉」があります。コースを滑ったあとは、熱々の温泉に浸かりながら、雪見風呂も満喫するのもオススメです。

「野沢温泉スキー場」が気になる方はこちら!

パウダースノーを満喫できるコースが豊富「白馬岩岳スノーフィールド」

白馬岩岳
「白馬岩岳スノーフィールド」は、白馬岳や杓子岳など標高2,000メートルを超える山々に囲まれたマウンテンリゾートです。シーズン中の積雪量は、最大で10メートルを観測する特別豪雪地帯。コースは緩やかなカーブが続く「ホワイトリボンコース」、積雪が多い日だけオープンする「DANGANコース」など。ふかふかのパウダースノーを味わえる多彩なコースが満載です。

変化を楽しみながら滑りたい上級者には、パラダイスゲレンデの脇にある「DC PARK」がおすすめ。キッカーやボックス、レールなどのパークアイテムを使って、アクロバットな技を取り入れた滑走にもチャレンジしてみましょう。

「白馬岩岳スノーフィールド」が気になる方はこちら!

極上の「Madapow」を味わえるツリーランコースが人気「斑尾高原スキー場」

斑尾高原
「斑尾高原スキー場」は、木々の間をすり抜けるツリーランコースの数が日本一を誇る山岳リゾート。シーズン中には3~4メートルを超える雪が降り積もる豪雪地帯です。ふかふかの雪は「Madapow」と呼ばれ、多くのスキーヤーを虜にしています。

山の最大傾斜35度の急斜面が続く「パウダーウェーブ2」、コース幅が狭くアップダウンの激しい「SAWA」は、自然の地形を活かした多彩なツリーランコースです。足跡のついていない雪山を、インストラクターと共に散策するアクティビティ「スノーシューツアー」も大人気です。

斑尾高原スキー場の詳細情報はこちら

ふかふかの雪を味わえるコースが目白押し「タングラムスキーサーカス」

タングラム
「タングラムスキーサーカス」は、ファミリーに人気のスキー場です。人気のコースは、横幅が広く、見晴らしの良い初級向け「ファミリーライン」、雪化粧した黒姫山を正面に望む「パンタンライン」など。サラサラの自然雪を心ゆくまで堪能できるコースが充実しています。

スキーの後は、天然温泉を楽しめる「タングラム斑尾温泉」で冷えた体を温めましょう。ゲレンデ麓にある「ホテルタングラム」に併設されています。屋外露天風呂からは、夕方は幻想的な夕焼け、夜には満天の星を一望できる非日常の空間です。

「タングラムスキーサーカス」が気になる方はこちら!

長野県北部エリアのスキー場は時間をかけてでも行く価値あり!

スキー場
今回紹介した長野県北部のスキー場は、長野県の中でも中心地から離れた場所に位置しています。エリアの玄関口の長野駅からスキー場までは、車で約1時間かかることも多く、決してアクセスは良くありませんが、ゲレンデには極上のパウダースノーを味わえるコースが満載です。鉄道の駅とスキー場をつなぐシャトルバスなどを利用して、快適なスキー旅行を楽しんでください。

※この記事の情報(価格や時間など)は掲載当時のものであり、また、予告なしに変更することがあります。ご旅行の前に公式サイト等でご確認ください。

関連するスキー場
12/2~3/31
コース14
リフト9
最長滑走距離6,000 m
最大斜度36 °
コース14
リフト9
最長距離6,000 m
最大36 °
12/23~4/7
コース30
リフト11
最長滑走距離2,500 m
最大斜度37 °
コース30
リフト11
最長距離2,500 m
最大37 °
11/25~5/6
コース44
リフト19
最長滑走距離10,000 m
最大斜度39 °
コース44
リフト19
最長距離10,000 m
最大39 °
12/15~3/24
コース26
リフト9
最長滑走距離3,300 m
最大斜度35 °
コース26
リフト9
最長距離3,300 m
最大35 °
12/9~3/31
コース19
リフト8
最長滑走距離3,000 m
最大斜度31 °
コース19
リフト8
最長距離3,000 m
最大31 °
12/2~5/6
コース16
リフト5
最長滑走距離2,500 m
最大斜度39 °
コース16
リフト5
最長距離2,500 m
最大39 °
12/16~5/6
コース9
リフト5
最長滑走距離2,200 m
最大斜度30 °
コース9
リフト5
最長距離2,200 m
最大30 °
12/23~3/31
コース19
リフト5
最長滑走距離2,500 m
最大斜度35 °
コース19
リフト5
最長距離2,500 m
最大35 °