【日帰りスキー体験】アクセス抜群のスキー場「GALA湯沢」に行ってきた!

2024年07月08日(月)
東京駅から約75分!駅直結型スキーセンターがある「GALA湯沢スキー場」。数あるスキー場の中でも特に利便性が高いため、毎年多くの人が日帰りスキーを楽しみに来る人気スポットになっています。 今回は「GALA湯沢スキー場」の魅力をより多くの人に知ってもらいたいという思いから、「WAmazing Snow」で活躍する若きスタッフたちが実際にスキーを体験してきました! 「初めてスキーをやる予定だけど、まず何をすればいいの?」 「初心者の私でも上手にできるかな…?」 そんな不安がある人でも大丈夫。 これを読めば、スキー場へのアクセスから楽しみ方まで、実際に日帰りスキーをするときの流れが全部分かるようになっています。ぜひ楽しんでくださいね!

東京駅から上越新幹線で「GALA湯沢駅」へ

東京駅に集合するスタッフ
今回の日帰りスキー旅は東京駅からスタート!「GALA湯沢駅」は新潟スキー場の中でも特にアクセスに優れる場所なので、首都圏であれば少ない移動時間で到着することができます。

券売機で切符を買う
まずは自動券売機で切符を購入しましょう。もし購入する切符などで不安がある方は窓口でも切符を販売しているので、そちらを利用しましょう。

駅弁屋さん
新幹線の中でぜひ楽しみたいのが「駅弁」。電車や新幹線旅の醍醐味です。

東京駅には個性豊かな駅弁が多数販売されているので、出発までの間にじっくりと吟味しておきましょう。

東京駅のホーム
切符も買って駅弁も手に入れた。あとは新幹線に乗るだけ!思わずテンションが上がってしまうスタッフたち。

上越新幹線
上越新幹線がついに到着。

新幹線の中の様子
もし席が空いていれば、くるんと回して4人掛けのシートにしてしまっても大丈夫。

四人席を完成
中の様子はこんな感じ。ゆったり座れるグループ席が完成しました。

まぐろといくらの弁当
動き出したら早速駅弁で腹ごしらえ。

男性スタッフはまぐろといくらの弁当を選びました。意外と量が多いのでガッツリお腹を満たしたい人にはおすすめです。

ヘルシーな弁当
一方の女性スタッフは、野菜もバランス良く入ったヘルシーな駅弁をチョイス。

駅弁を食べる様子
駅弁を食べながら仲間とわいわい雑談中。カードゲームを楽しんだり、遊びのプランを立てたり…移動中の楽しみがたくさんあるのも新幹線旅の良いところ!約75分の移動を経て、ついに「GALA湯沢駅」に到着です!

駅から降りたらすぐ目の前にスキーセンターが出現!

スキーセンターカワバンガ
改札を出たらすぐ目の前に飛び込んでくるのが大型スキーセンター「カワバンガ」。

レンタル受付・ショップ・更衣室・インフォメーションセンターなどが一ヵ所に密集しているのでとにかく使いやすい!

「早く滑りたい!」という気持ちを抑えながら、まずはスキーレンタル受付に向かいます。

レンタル用品の説明を受けるスタッフたち
受付ではスキーウェアのサイズや板の種類、貸出し品のチェックなどを行います。一式レンタルも可能なので手ぶらでもOK!

レンタル品を受け取る
毎日多くのお客様を受付しているだけあり、係員さんの手際の良さは相当なもの!すぐにジャストサイズのウェアとスキー板を借りることができました!

レンタル品をすべて受け取った様子
準備は万端!早速着替えにいきます。

更衣室のロッカー
更衣室内には大型のロッカーがずらり!比較的大きな荷物でも楽に入れることができます。ちなみに一日に何度も出し入れできるそうなので、忘れ物があっても安心ですね。

ゴンドラ乗り場に続くエスカレーター
エスカレーターを上がった先、スキーセンター3階にはゴンドラ乗り場があります。最後に忘れ物がないかどうかチェックしておきましょう。

ゴンドラに乗って標高800メートルのゲレンデへ!

ゴンドラ乗り場前
ゴンドラ乗り場からゲレンデまでは7分程度。標高800メートルのゲレンデまで一直線で向かいます。

ゴンドラ乗り場のチケットを見せる
係員さんにリフト券を見せて乗り場へ。事前にリフト券を購入しておくとスムーズに滑り始めることができます。

ゴンドラに乗り込む様子
左右のポケットにスキー板をしまうことができます。

乗るときは落ち着いてゆっくりと。ゴンドラの速度は遅いので焦る必要はありません。

ゴンドラ内部
こちらはゴンドラ内の様子。4人で乗ってもゆったりとくつろげるほどの十分な広さです。

ゴンドラから見える雪景色
窓から見える景色を楽しむも良し、みんなで楽しく雑談するも良し。約7分の空中浮遊を楽しみましょう。

ゴンドラから見た景色
ゴンドラから見える雪景色は最高!スタッフたちのテンションも自然と上がっていきます。

ゴンドラ降車後
到着したら荷物を持ってできるだけ早めに移動しましょう。

無事に降りることができたので記念撮影。はやる気持ちを抑えて、いざゲレンデへ!

ふかふかの雪で大満足のスキー体験

リフト前で記念撮影
中央エリアのリフト前で記念撮影!

この日の天気は少々荒れていて、ご覧の通り吹雪が吹いています。

視界は少し悪くなりますが、常に新しい雪が降り積もるので雪質は最高のコンディションです!

ゲレンデの中央エリア
中央エリアに位置する大型リフトはGALA湯沢のシンボルともいえる存在。

まずはこれに乗って、北エリアに広がる初心者コースを遊ぶのがおすすめです。

リフトに乗っている様子
リフトに乗って山頂付近まで一直線!

リフトに乗る女性スタッフの横顔
隣に座る女性スタッフの横顔を撮影した一枚。携帯やカメラはリフトから落とさないように十分に注意しましょう。

リフトから見える絶景
標高が高くなるにつれ、湯沢エリアの山々を望める絶景が出現!リフトから見える景色を楽しむのもスキーの醍醐味の一つです。

ゲレンデ山頂が吹雪いている様子
山頂エリアは吹雪が強くなっていました。いよいよ待ちに待った初滑走!

初心者用コースを滑走
まずは初心者用の平坦なコースを滑りました。シーズン初めは勘を取り戻すことがなによりも大事!最初から無理は禁物です。

山頂付近にあるコース
ちなみに北国出身の女性スタッフは、幼少期から慣れ親しんだスキーを選択。あまりスポーツに縁のない男性スタッフは、比較的簡単に滑れるスノーボードを選びました。

初心者用コースで腕慣らしをする女性スタッフ
平坦なコースが多いGALA湯沢のゲレンデは、まさに初心者の練習にはぴったりです。

ゲレンデで記念撮影
ゲレンデには記念撮影スポットがいくつかあります。写真好きの方は全部見つけ出せるかどうかチャレンジしてみても面白いかも?

雪山で転んでいる様子
特に降雪の多い日だったので、雪は常にふかふかの状態。転んでも全然痛くなかったです。

雪山を楽しく滑走するスタッフ
思う存分雪を楽しむ二人。1~2時間も滑れば雪にも慣れてくるので、全くの初心者でなければ自由自在にコースを滑れるようになりますよ!

ゲレンデ山頂で記念撮影
効率的にコースを回ることができたのでご満悦の二人。大満足のスキー体験でした!

中央エリアにある大型フードコートで遅めの昼食

食事前
普段使わない筋肉を総動員して遊ぶスキーは予想以上に体力を消耗するもの。ちょっと滑っただけですぐにお腹が空いてきました。というわけで、午後の混雑が落ち着いた時間にお昼ごはんをいただきます。

フードコートの食事
中央エリアにある「チアーズ」にはたくさんの飲食店があるので食事の選択肢は豊富!今回はメインレストランである大型フードコート「パルパル」のメニューをいただきます。

フードコートの食事を美味しそうに食べる女性スタッフ
「待ちきれない!」と言わんばかりに、美味しそうに頬張る女性スタッフ。

食事をすべてたいらげた様子
ものの10分程度で綺麗残らず食べてしまいました。満足そうな笑みを浮かべています。

フードコート一階
フードコート2階から1階を写した様子。たくさんの席が用意されているのでグループで来ても安心です。

お昼時は席が埋まってしまうほど混雑することもあるので、ちょっと時間をずらして食事を楽しむのがおすすめです!

アイスクリームの見本
チアーズ中2階にはアメリカ生まれ沖縄育ちのアイスクリーム店「ブルーシール」も。冷たいアイスが苦手な人を気遣ってか、暖かいタピオカドリンクも販売しています。

ちょっと小腹が空いたときに食べやすいメニューが充実しているので、ふらっと気軽に立ち寄れるのが嬉しいですね。

午後はそり遊びにもチャレンジしました

そり滑り降りる前
「チアーズ」近くにあるそり専用ゲレンデでは、思う存分雪遊びを楽しめるということなので早速向かいました!

そりレンタルの受付
「チアーズ」の近くにあるそりレンタルの受付。きちんと案内も出ているので迷う心配もありません。

そりゲレンデ入り口
そり専用ゲレンデとはいっても、斜面の作りはかなり本格的。スピードが出すぎないように調整されているので安全性もバッチリです。

まだ小さなお子さんと一緒にそりを楽しむ家族連れのスキーヤーがたくさんいました。

そりゲレンデの全景
そり専用ゲレンデは中央エリアからとても近い位置にあります。

女性が乗るそりを引っ張る男性スタッフ
使う道具はレンタルそりだけ!手軽に遊びやすいのがスキーにはない魅力です。

そりで遊ぶスタッフたち
まるで子どものようにはしゃぐスタッフたち。

そりゲレンデを楽しむスタッフ
小さな子どもはもちろん、大人でも十分に楽しめる雪そり。足が疲れていても簡単に遊べるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

日帰り温泉に浸かって疲れた身体を癒す

温泉に入る前
「スキーで冷えた身体を癒すには温泉が一番!」ということで、カワバンガ3階にある「SPA ガーラの湯」に行ってきました。

通常のお風呂はもちろんのこと、プール・露天ジャグジー・サウナまで付いている本格的な温泉。日帰り客のほとんどが利用するという超有名癒しスポットです!

無料休憩所
温泉前にあるスペースは広めの休憩スペースになっています。ここで火照った身体を涼ませるのがおすすめです。

風呂上りに休憩するスタッフ
湯上りにちょっと一息。あまりにも居心地が良すぎて、ついウトウトしてしまうことも…。眠くなってしまう前に帰路につきましょう。

スキー用品販売店
個性的なウェアや特売価格のスキー商品が並ぶ「ゲレスポ」。スキーセンター内の施設がとても充実しているので、帰り際にショッピングを楽しむのもおすすめです。

帰りは越後湯沢駅の「ぽんしゅ館」に寄りました

ぽんしゅ館の入り口
帰りは「GALA湯沢駅」の一つ隣にある「越後湯沢駅」に立ち寄りました。

越後湯沢駅には、多彩な日本酒や新潟のご当地グルメを味わえる「ぽんしゅ館」があります。

日本酒を飲むスタッフたち
ぽんしゅ館で試飲できるお酒はなんと100種類近くもあります!

一杯ワンコインとリーズナブルな価格で飲めるので、自分にぴったりの日本酒を探してみるのも面白いかも?

100種類近くある日本酒
ずらりと並ぶ日本酒の数々。お酒のつまみに合う食べ物を売っているお店もたくさんあります。

ぽんしゅ館のご当地グルメ
新潟の美味しいお米で作った「爆弾おにぎり」は、具がたっぷり入った大ボリュームのおにぎり。ぽんしゅ館を訪れたときはぜひ味わいたい一品です!

酔っ払い人形と記念撮影
訪れた人を出迎える「酔っ払い人形」は、ぽんしゅ館でも特に有名な記念撮影スポット!スキー旅の記念に一枚写真を撮りたいですね。

「GALA湯沢スキー場」体験レポートのまとめ

GALA湯沢駅の改札
「GALA湯沢スキー場」の体験レポートは以上になります。いかがでしたでしょうか?「日帰りといえばココ!」と誰もが口を揃えるGALA湯沢は、遊びやすさと利便性のバランスに優れた素晴らしいゲレンデが特徴的でした。
滑る以外の遊びも充実しているため、雪遊びを思う存分楽しみたい方にはピッタリ。「WAmazing Snow」スタッフの中でも、特に評判が良い一押しスキー場です!まだ雪を見たことのないスキー初心者の方は、今シーズンのGALA湯沢で素敵な雪の思い出を作ってみませんか?

「GALA湯沢スキー場」が気になる方はこちら!

※この記事の情報(価格や時間など)は掲載当時のものであり、また、予告なしに変更することがあります。ご旅行の前に公式サイト等でご確認ください。

関連するスキー場
12/20~5/6
コース16
リフト12
最長滑走距離2,500 m
最大斜度33 °
コース16
リフト12
最長距離2,500 m
最大33 °