越後湯沢エリアで温泉とスキー旅行を考えている方におすすめのスキー場を紹介!

2021年04月08日(木)
冬の旅行といえば温泉。広い湯船で足を伸ばして、温かいお湯にゆっくりと浸かってのんびりした時間を過ごす、ちょっとした贅沢です。スキー場でウィンタースポーツをして適度に汗をかいた後は温泉に浸かってゆっくり過ごす旅行をしませんか?今回は、越後湯沢エリアで温泉とスキーの両方を楽しめるオススメのスキー場をご紹介します。

ゲレンデ周辺で温泉施設巡りを楽しめる「赤倉温泉スキー場」

赤倉温泉スキー場ゲレンデ
「赤倉温泉スキー場」は、日本百名山の妙高山の麓に広がる山岳リゾート。その名に温泉の文字がある通り、極上の温泉を一緒に楽しめるスキー場です。ゲレンデ周辺には、温泉施設が何箇所も立ち並びます。スキーを午前中で切り上げ、午後は温泉巡りなんて楽しみ方もオススメです。

もちろんスキー場も魅力がいっぱい。最高標高1,250メートルの高さに位置し、ハイシーズン中は3メートルを超す積雪を観測するほど豊富な雪に恵まれる「赤倉温泉スキー場」。コースも豊富に用意されています。ベテランスキーヤーから絶大な人気を誇る「モーグルチャレンジコース」や、コース幅がワイドな「関見ゲレンデ」、壮大な山々を背に急斜面を滑り降りる「スラロームコース」など。一日中いても飽きることはないでしょう。

名物となっている「パノラマコース」は、見晴らしが良いため、天気が良ければ山頂から広大な日本海を一望できることも。ナイター営業では、ライトアップされたゲレンデで昼間とは違った雰囲気を味わいながらスキーを楽しめます。

温泉
「赤倉温泉スキー場」の周辺に湧く温泉は、硫酸塩と炭酸水素塩温泉2つの泉質を併せ持ち、カルシウムやナトリウム、マグネシウムといったミネラルを多く含んでいます。胃もたれや便秘によるお腹の張り、冷え性、切り傷や擦り傷、疲労回復などに効果が期待できると言われます。

多くの温泉施設はスキー場からのアクセスも良く、スキーの帰りに気軽に立ち寄ることができます。「パノラマコース」麓すぐそばの「くまどーinfo」から、無料送迎シャトルバスが通る施設もあります。午前中は目一杯滑り、午後は赤倉温泉街に移動してのんびり温泉巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「赤倉温泉スキー場」が気になる方はこちら!

スキーセンターに日帰り温泉が併設「苗場スキー場」

女性3人と苗場スキー場のマスコット人形
東京駅から越後湯沢駅まで約1時間20分、さらに駅から出ているバスで50分ほど行くと「苗場スキー場」はあります。スキーセンターの中に温泉施設があることで人気を集めているスキー場で、スキー後はすぐに温泉に行って冷えた体を温められて便利と評判。

「苗場スキー場」の広大なゲレンデには、樹氷の間を滑り抜ける「筍山スカイライン」や、コースの途中にウェーブを施した「火打ゲレンデ」、ワールドカップの競技コースとして使用された上級者向け「男子スラロームバーン」など、20種類以上の多彩なコースを配置。一日いても飽きることなく、初心者から経験者まで誰もが満足いくスキーを楽しめます。

温泉
ゲレンデ麓の「コンフォートセンター Dorf」に併設されている苗場温泉露天風呂の源泉は、中性低張性温泉で筋肉痛や疲労回復に効果が期待できます。オススメは屋根付き露天風呂。雪景色をただ眺めているだけでも、一日の疲れが吹き飛ぶはずです。

「苗場スキー場」が気になる方はこちら!

日帰りでも宿泊でも楽しめる「舞子スノーリゾート」

バナナボートに乗る家族
「舞子スノーリゾート」は、ソリやバナナボート、スノーモービル体験などのアクティビティーが充実しています。ゲレンデの麓には、400メートルのソリ専用コース「MAIKO SNOW LAND」も併設され、スキーができない小さな子どもも満足いくまで楽しめる催しが満載です。

託児所
また、ゲレンデ麓のスキーセンターには、無料休憩所や託児所、更衣室のほか、日帰り入浴ができる温泉施設も用意されています。大きな窓から雪景色を眺めながら、贅沢なひと時を過ごしてみてください。

温泉
ゲレンデ中腹のリゾートホテル「舞子高原ホテル」にも、温泉施設「舞子温泉 飯士の湯」があります。6:00~10:00と13:30~21:00の間は日帰り入浴も可能で、マッサージ効果の高い屋外ジャグジーと内風呂を完備。泉質は低張性弱アルカリ温泉で、筋肉痛や冷え性、疲労回復などの効能があります。

「舞子スノーリゾート」が気になる方はこちら!

深夜でも利用可能! 本格的な露天風呂を堪能できる「神立スノーリゾート」

スキーやスノボをする人たち
「神立スノーリゾート」は、ロングナイターが魅力の山岳リゾート。土曜日や休日前夜には、18:00~翌朝2:00までのロングナイター営業を実施しています。到着が夕方になってしまっても、夜中までたっぷりとスキーを楽しめるのは嬉しいポイントです。

日帰り入浴できる神の湯
ゲレンデ麓の「GROUND BASE」には、温泉ではありませんが日帰り入浴ができる「神の湯」があり、屋根付き露天風呂やリラックス効果の高いジャグジーを完備。金曜日は18:00~24:00、土曜日は0:00~24:00まで営業しているため、ナイターで時間が遅くなってしまっても、広い大浴場でゆっくりと浸かることができますね。

また、4階の大広間には横になってゆっくり休める仮眠室、6階に卓球台や漫画や雑誌が読み放題のリラックスペースも併設。温泉の後は、うたた寝するもよし、卓球で体を動かすもよし。思い思いの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

「神立スノーリゾート」が気になる方はこちら!

日本三大薬湯の松之山温泉で湯めぐりを楽しめる「松之山温泉スキー場」

スキーをする家族
「松之山温泉スキー場」は、新潟県十日町市にあるリゾート。十日町市は特別豪雪地帯に指定されているエリアで、真冬の2月には3メートルを超える積雪が観測されます。その豊富な積雪により上質な雪を楽しめる期間が長く、存分にパウダースノーを楽しめます。

ファミリーでの練習にぴったりな「ファミリーゲレンデ」や最長2,000メートルのロングランを楽しめる「クロスオーバーコース」など、合計5種類のバリエーション豊かなコースが充実しているのも嬉しいポイント。

また、「松之山温泉スキー場」は、松之山温泉があることでも知られる観光名所。松之山温泉は、1,200万年前の海水がマグマの熱によって温められた温泉で、兵庫県の有馬温泉や群馬県の草津温泉に並ぶ「日本三大薬湯」のひとつです。温泉街には、「ひなの宿 ちとせ」や「ナステビュウ湯の山」など日帰り入浴もできる温泉宿がたくさんあります。

温泉
泉質は高張性弱アルカリ性高温泉で、肌の保湿効果に優れたメタケイ酸を多く含んでいます。温泉で疲れを癒しながら同時に肌もきれいになれたら、女性にとっては嬉しい限りですね。

また、温泉に含まれる塩化ナトリウムは、毛穴に付着して熱を体内に閉じ込める働きがあることから、体の芯から温まって湯冷めしにくいそうです。スキーのあとは、温泉に浸かって癒しのひとときを過ごしてみてください。

「松之山温泉スキー場」が気になる方はこちら!

温泉とスキーを両方楽しみたいなら新潟県越後湯沢エリアのスキー場へ!

越後湯沢のスキー場の様子
スキーは全身を使うスポーツで、小一時間滑っただけでもクタクタに疲れてしまうこともありますよね。熱々の温泉にゆっくりと浸かって、その日の疲れはその日のうちに取り除いておいて、次の日も目一杯遊びましょう!スキーと温泉の両方を満喫したい!という方は、今回紹介したスキー場にぜひ行ってみてください。

※この記事の情報(価格や時間など)は掲載当時のものであり、また、予告なしに変更することがあります。ご旅行の前に公式サイト等でご確認ください。

関連するスキー場
12/23~4/21
コース16
リフト6
最長滑走距離3,500 m
最大斜度45 °
コース16
リフト6
最長距離3,500 m
最大45 °
12/20~3/31
コース26
リフト13
最長滑走距離6,000 m
最大斜度32 °
コース26
リフト13
最長距離6,000 m
最大32 °
12/16~4/7
コース24
リフト12
最長滑走距離4,000 m
最大斜度34 °
コース24
リフト12
最長距離4,000 m
最大34 °
12/16~3/31
コース5
リフト2
最長滑走距離2,000 m
最大斜度30 °
コース5
リフト2
最長距離2,000 m
最大30 °
12/16~4/7
コース17
リフト14
最長滑走距離3,000 m
最大斜度43 °
コース17
リフト14
最長距離3,000 m
最大43 °