都心から1時間の日帰りスキー場を徹底比較!「GALA湯沢スキー場」VS「軽井沢プリンスホテルスキー場」

2024年01月30日(火)
新潟県の「GALA湯沢スキー場」と長野県の「軽井沢プリンスホテルスキー場」。どちらも東京から1時間程度で行くことができるため、手軽に日帰りスキーには最適の場所として知られています。しかし、これからスキー旅行を計画する人にとっては「結局どちらのスキー場を選べばいいの?」という疑問は尽きないと思います。そこで今回は、「アクセスの良さ」「コースの充実度」「景色と天気」「食事」「観光」の5つの項目で、2つのスキー場を徹底比較してみました。東京方面で日帰りスキーを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スキー場までのアクセスと滑り始めるまでの早さ

ガーラ湯沢のスキーセンター
東京駅から「GALA湯沢スキー場」最寄りのガーラ湯沢駅までは、最短75分で到着します。ガーラ湯沢駅とスキーセンターが直結しているので、すぐにスキーを始められるのが最大のメリットです。

レンタルの種類・係員の手際の良さ・スキー後に楽しめる観光施設の充実度など、どれをとっても利便性は最高クラス!手軽にスキーを楽しむなら「GALA湯沢スキー場」の右に出るものはないでしょう。

軽井沢駅周辺
一方の「軽井沢プリンスホテルスキー場」も、アクセスにはとても優れています。東京から軽井沢駅まで約70分で到着。駅からは無料シャトルバスが出ているので、そこから約10分程度でゲレンデにアクセスできます。駅からの近さは「GALA湯沢スキー場」に及びませんが、レンタルから滑り始めるまでの流れはとてもスムーズで洗練されています。

コースバリエーションの豊富さはどちらが上?

ガーラ湯沢の下山コース
「GALA湯沢スキー場」には初級者から上級者まで誰もが楽しめる全16コースが用意されています。湯沢エリアにあるスキー場の中でも、コースバリエーションがとても多いのが特徴です。

初心者が楽しめるコースはたくさんありますが、ところどころが狭く混雑している場所があるので注意。中央エリアからスキーセンターまで下れる「下山コース」は、2,000メートル級のロングランを楽しめる人気のコース!中級者レベルであれば存分に楽しめるので、帰り際にはぜひ滑ってみたいコースです。

三山共通チケットを買っていれば、隣接する「湯沢高原スキー場」「石内丸山スキー場」を利用することもできます。混雑時は、ほかのスキー場に行くことで快適に滑ることも可能。スキー場が集まる湯沢エリアの「GALA湯沢スキー場」だからこそできる遊び方といえるでしょう。

軽井沢スキー場のゲレンデ
「軽井沢プリンスホテルスキー場」のゲレンデは規模が小さく、コースは短めのものが多いですが、変化が多く、飽きのこないゲレンデが特徴的。コースは全部で10本。緩急の激しい斜面や変化の大きいコブ、ジャンプ台などが充実しているので、コンパクトながら多彩なコースを楽しむことができると大評判です。上級者を唸らせるような難コースはほとんどありませんが、初心者向けコースは充実しています。初めての雪を楽しむには最適のスキー場です。

最高の景色を楽しめるのはどっち?

GALA湯沢の山頂付近から見える絶景
標高の高い位置にある「GALA湯沢スキー場」のゲレンデは、越後湯沢でも屈指のパウダースノーです。ハイシーズン時は降雪が多いため、常にコンディションの良い雪でスキーを楽しむことができます。ただし、山頂付近の天候が荒れやすくなることもしばしば。降雪時は若干視界が悪くなって気温が下がることもあるので、防寒対策はしっかりしておきましょう。天候が荒れやすいかわりに、雪の状態は安定しているのが特徴です。

山頂付近から見える絶景は特におすすめのスポット!快晴時には街の隅々までを見渡せる透き通った景色が広がっています。

軽井沢スキー場から見える絶景
もともと雪が降らない地域にある「軽井沢プリンスホテルスキー場」は、シーズン中の晴天率が90%以上と非常に高いのが魅力!晴れた日には見晴らしの良いコースを思いっきり滑れるので、とても気持ちの良いスキーを体験することができます。

「人工降雪機なので雪質が心配…」という声もありますが、200基近くの降雪機を稼働させてゲレンデを作っているので、問題ありません。自然雪のゲレンデとほぼ同じコンディションでスキーを楽しむことができます。とはいえ、週末の混雑時や人の多い時間帯などは雪が潰れやすいのも事実。天然の雪と比べると、どうしても見劣りするという点は、ある程度割り切って遊ぶ必要がありそうです。

スキー場周辺にある飲食店の豊富さは?

新潟名物の食事
「GALA湯沢スキー場」のゲレンデには大型のフードコートがあるので、バリエーション豊かな食事を楽しむことができるでしょう。

「新潟のご当地料理食べてみたい!」という方は、ガーラ湯沢駅から離れるのも一つの手。民宿の多い湯沢エリアの飲食街では、美味しいお米や新鮮な海の幸を使った極上料理を楽しむことができます。

また、ガーラ湯沢駅の一つ隣にある越後湯沢駅には、100種類近くの日本酒や新潟の絶品グルメを楽しめる「ぽんしゅ館」があります。食事の種類が豊富なのはもちろん、お土産エリアや日本酒試飲コーナーも非常に充実。スキー帰りにぜひ立ち寄りたいおすすめスポットです。

軽井沢駅付近にあるレストランの食事
「軽井沢プリンスホテルスキー場」は、ハイレベルのスノーリゾートを運営するプリンスホテル系列だけあって、ゲレンデ周辺には個性豊かな飲食店がずらりと並んでいます。

ショッピングモール近くには大規模なレストラン街があるので、スキーを早めに切り上げて、遅めのランチを楽しむのもおすすめのプラン!食事の種類も非常に豊富で、寿司・焼肉・イタリアン・中華・スイーツまで、なんでも楽しめます。

スキー場周辺にある観光スポットの充実度

越後湯沢の温泉
「GALA湯沢スキー場」で特筆すべきポイントは、なんといっても駅直結型の大型スキーセンターでしょう。温泉・グルメ・ショップとなんでも揃っており、各施設へのアクセスにも優れています。

ひとたびスキー場を離れれば、湯沢の温泉街に行くこともできます。日帰り温泉が豊富なエリアなので、手軽に外湯巡りを楽しめるのも魅力!民宿街に入れば昔ながらの雰囲気が漂う飲み屋も多いので、お風呂上りに一杯お酒を楽しむなんてこともできそうですね。

軽井沢ショッピングモール
軽井沢は季節を問わずに楽しめる日本有数のリゾートエリア。観光名所の数々も優雅で静かなときを過ごせる場所が多くあります。

軽井沢駅に隣接しているショッピングモールは夕方〜夜まで営業しているので、スキー終わりにショッピングをしてから新幹線に乗るというプランも可能。

スキー場の施設自体は中規模ですが、一度駅付近まで来てしまえば、食事・ショッピングを存分に楽しむことができます。

日帰りスキーを楽しむのに最適のゲレンデは?

ゲレンデの景色
今回は、「GALA湯沢スキー場」と「軽井沢プリンスホテルスキー場」について、さまざまな要素を比較してみました。参考になりましたでしょうか?人気のスキー場というだけあり、ゲレンデの規模の大きさ・サービスの質・周辺観光の充実度など、どちらも甲乙つけがたい印象でした。「最高のコンディションで思う存分スキーを楽しみたい」というレジャー重視の方は、良好な雪質と多彩なアクティビティーが揃う「GALA湯沢スキー場」がおすすめ。

「GALA湯沢スキー場」が気になる方はこちら!

一方、「ショッピングや周辺観光を楽しみつつ、優雅にスキーを楽しみたい」という方は、日本有数のリゾートエリアにある「軽井沢プリンスホテルスキー場」の方が合っているでしょう。どちらも首都圏からのアクセスに優れる素晴らしいスキー場です。日帰りや1泊で気軽にスキーを楽しみたいという方は、ぜひ検討してみてください!

「軽井沢プリンスホテルスキー場」が気になる方はこちら!

※この記事の情報(価格や時間など)は掲載当時のものであり、また、予告なしに変更することがあります。ご旅行の前に公式サイト等でご確認ください。

関連するスキー場
11/1~3/31
コース16
リフト9
最長滑走距離1,519 m
最大斜度31 °
コース16
リフト9
最長距離1,519 m
最大31 °
12/20~5/6
コース16
リフト12
最長滑走距離2,500 m
最大斜度33 °
コース16
リフト12
最長距離2,500 m
最大33 °